My Etsy Shop

Friday, February 24, 2017

Pigeon Dynamite is coming to Hong Kong!

YES! This spring, Pigeon Dynamite will be available at Four Seasons Hotel in Hong Kong!!


x




This is such an exciting project that I've been having trouble keeping it secret!
But now it's official!
There will be exclusive one of a kind pieces and some classic collection pieces available at the hotel.


And if you cannot wait for it, you can always shop at www.PigeonDynamite.com

*
Photographer: Tiffany Chen @photosbytiff

Make-Up Artist: Megan Costello @megandakotacostello

Model: Briy Gilgeous @briygilgeous
 
More images and details are coming...Stay tuned!

今日はとってもエキサイティングなお知らせです!
何と!Pigeon Dynamiteのジュエリーが香港にやってきます!
フォーシーズンズホテルにてこの春から販売される事になりました。
クラシックコレクションに加え、フォーシーズンズ限定の一点物ジュエリーも展開する予定です。
もし香港に行かれることがございましたら、ぜひお立ち寄りくださいね!
 
 

Thursday, January 19, 2017

2017 and it's a women's year

Happy belated New Year!
Pigeon Dynamite had a wonderful year last year;
we had public sales TWICE with F.A.D. weekend, photographed by Tiffany Chen and featured in Urban Watch, and launched the official website.
Through my jewelry business, I've met so many talented, strong women who have visions that inspired me so much.
To me, last year was the year of empowering women.
Many were entrepreneurs and they share their voices and ideas and always encourage each other to make best out of the situations.
The words like "woman" or "feminine" or "girly" used to be one of those words that I felt somehow uncomfortable to be categorized in or labeled as.

Growing up, pink was the color that I hated the most.
I refused to wear anything in pink, or had lace around the skirt or sleeves.
Having two older sisters who were not particularly "girly" (but rather "scary" or "terrifying" to me since they are much older,) I may have got the idea of the girls who wore those pink clothes as quite alien-like type of girls I didn't understand.
As for my mom, I don't recall making any trouble for her to dress me. I think actually she liked the fact that I chose such funky clothes all the time. But I also remember the time I wore this very chic black velvet dress with white lace around my socks for my piano recital, she looked at me, telling me how cute I look. I was probably around four or five, with the funniest mushroom haircut that made me look like a LEGO. I realized something about those "girly" stuff I had to wear made my mom really happy even though I thought, and I still think, I looked funny.
From there on though, even as a child, I sort of figure out that being a girl and making myself more of a "girly" girl was something that you do to please other people. At least, to me, it was.
And I hated that. I hated the fact that I had to act certain way, or wear something that I don't want to, just so that other people will smile at me.
Every time my family event happened where all my far away cousins and their parents gathered, people told me to "smile" because I wasn't acting"girl-like-manner."
I felt so ridiculous that I had to be a certain way only because I am a girl so that I have to make people like me by pretending to be someone that I am not. 
Being a difficult teenager is annoying enough, I refused to show up all these family events early on.
But there was the time I remember so clearly, when I found this L'Oreal dial mascara on my sister's makeup desk, I was so curious about these dials around the container and immediately wanted to try it on. I was eleven or twelve and looked at myself in the mirror with the horrible first attempt on putting mascara that made me look more like Robert Smith (from the Cure), but I remember that made me feel like a "girl" almost for the first time.
That was a confirmation that I was a girl who like to put a makeup on, which is "girly."
I still refused to wear pink, but I remember when Anna Sui released the pink mascara, I was so crazy about that pigment. It was this vivid, bubble gum like hot pink color.
Just on my lashes, it was perfect amount of pink I could handle at that time. (And later on, I'd dye my hair pink.)
It took some time, but I learned the way to make people like me. The easiest way I found was to be honest with myself first.
Eventually I was comfortable with myself to act the way how I wanted to act, say what I thought it was appropriate to say, and stopped worrying about what everyone would say or think about me.
Girls are constantly being judged, maybe just as much as we judge each other, but once you let that go, it's really easy to find peace. I know this because I went through six years of private female school and saw absolutely the worst and the best we could do to each other.
My idea of girls who wear pink now changed and it's the color now that I see as celebration of being a girl and a woman just as I see blue or gray or any colors.
We don't have to be the way how others expect to be.
We don't need to pull each other down so that you can feel better about yourself, but pull each other up so that we can see higher.
When we back each other by action and by words, it is the best way to support each other.
I make jewelry to support those women who have a strong style, who are motivated, and are not afraid to voice their opinion.
https://www.pigeondynamite.com/collections/ring/products/diamond-quartz-gold-ring

https://www.pigeondynamite.com/collections/ring/products/melted-metal-stream-double-finger-ring?variant=26360201289

https://www.pigeondynamite.com/collections/ring/products/labradorite-halo-ring?variant=28423316233


https://www.etsy.com/listing/474241535/raw-garnet-pink-silver-jukai-ringready?ref=shop_home_active_19
I truly hope my jewelry can encourage women and brighten their every day.

Thanks for reading,

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
こんなに長い間ブログをサボってしまっていて申し訳ないです。
ただただ去年は忙しく過ぎて行ってしまったのですが、
でもとても充実した一年となりました。これも皆様のおかげです。
昨年は、2度もマーケットイベントに参加し、
オンラインマガジンにもフューチャーして頂き、そして
オフィシャルサイトをローンチできたことが大きかったと思います。
ジュエリーの仕事を通して、たくさんのパワフルな女性にも出会いました。
彼女の多くは起業女子と呼ばれる女性で、本当に良い刺激をもらえます。
お互いを応援し合い、意見を述べることを恐れない、素晴らしい女性達です。
どんな辛い状況下でも最善を尽くしてより良い環境にしようと決してあきらめない。
こういった女性は日本では恐れられる傾向にありますね。
それは実はアメリカでも同じです。
多少でも女らしい振る舞いをしていた方が、物事が楽に進むのは本当だったりします。
私は昔からそういう環境や状況に我慢なりませんでした。
「女の子らしく」とかガーリーなものにやや抵抗感がずっとありました。
それは小さな頃からです。ピンクの服なんて絶対に着ませんでした。
何となく女の子らしく振舞う事が自分では不自然だったから。
フリル付きの服なんてものは嫌でしょうがなかったです。
でも母には突拍子もない変わった服を着せてもらっていたので、私が好んで変な色の服なんかを着ても全く困った顔をされたりしたことがありませんでした。
それでもピアノのリサイタルで黒のベルベットのドレスに
フリフリのついた靴下を穿かされたマッシュルームカットのレゴのおもちゃみたいな私をみて「可愛い」とニッコリ笑っていた母をよく覚えています。
私は多分4歳かそれくらいだったと思いますが、多分そのあたりから、自分が女の子であることを強調すればするほど、周りは自分に好印象を持ってくれるんだろうなと理解し始めたような記憶があります。
私はそれが窮屈でなりませんでした。
親戚一同が集まるイベントなんぞしようものなら、皆寄ってたかって
「女の子なんだからニコニコしなさい」とか
「女の子なんだかこうしない。ああしなさい。」云々と言ってくるのが疎ましくてしょうがなかったです。
思春期に差し掛かる頃にはこう言った集まりにはめっぽう全力で顔を出さないようにするようにしました。
自分が笑いたくないのにニコニコして皆の機嫌をとるなんてなんて馬鹿らしいんだ、と思っていました。そしてその理由が単に自分が女の子だから、という事が一番腑に落ちませんでした。
それでも、今でも鮮明に覚えている出来事がいくつかあります。
私が12歳くらいの頃、姉の化粧代にロレアルのダイアルマスカラという何とも興味をそそられるパッケージのマスカラを見つけました。
ダイアルを回して、ちょっとまつげに塗ってみます。
初めてのマスカラに慣れない私をTHEキュア のロバートスミスみたいなパンダ目に変えた
その姿を鏡で見て、何となく心踊るような気持ちになったのを覚えています。

お化粧に興味は持っても、女子校に中高と通って、女はこうあるべき、みたいなことを聞けば聞くほど
そうは絶対ならないぞ、みたいな抵抗心が湧いていました。
ピンクのマスカラがアナスイから発売されて、ようやくピンクをまつげに塗る位からピンクに対して抵抗がなくなって来ました。。まつげだけども。。
長い時間がかかったけれど、自分らしくあることを受け入れて、周りの声に振り回されすぎないようにすることを学びました。
自分が自分らしく振舞って、正しいと思うことを述べることを恐れないようになってからは、ピンク色に抵抗を覚えることもなくなりました。
むしろ、女性であることをお祝いするような色だと思えるようになりました。
たとえそれがグレーであっても、ブルーであっても。
女性であるから、というだけでジャッジされることが多いのは事実ですが、
先ずは女性同士が味方になって、お互いをサポートしていく事が重要だと思います。
これからは言葉で、アクションで、お互いを支え合っていかなくちゃと思います。
今年は女性が先導していく年にしましょう!
私のジュエリーが強い女性のパワーになれるように、
毎日を明るくして、エネルギーを与えられるようなジュエリーとして届けられるように
これからも頑張ります!

読んでくれた人、ありがとう。

Thursday, September 15, 2016

New York*Pigeon Dynamite*Nippon


https://www.etsy.com/listing/469673355/raw-aquamarine-size-6-ready-to-ship-twig?ref=shop_home_feat_3

I know it's been, again, a long time since the last post!

It's been quite busy, happily, and finally I found the "in between time" during the production, so I decided to write out the blog post this time.



As many of you may know now that I came from interior design/architecture background.

I used to love post modern architecture and still do, but as I get older, I started to appreciate classical architecture more.

This is probably more to do with my own personality but I tend to be pretty much "black and white"on many things; I know almost immediately whether I like or not.

I've started to learn how not to sort of reject everything that I dislike.

(Honestly, though I still cannot really find attraction on those antique Gothic furniture..)

There are things to learn from the classical architecture because many of the styles link to the classical architecture.

Even I now become the jewelry designer, I still find great joy looking at interior, architecture magazines.

Then I realized that there really isn't this thing called "true original" any more.

It seems all the styles, designs, creations have been made and done.

There is really no room for anything that is truly unique and "original."

Perhaps unless any new technology human has not yet seen creates something completely new, maybe we have seen all the design and original creations. We may have created all the design?

Because all the greatest artists creations ever been created, there has to be something that they were inspired by.


Whether it is consciously or unconsciously incorporated into their work, artists always get inspirations from something.
Out of all the design competitions, true artists still stand out.
In NYC, there are many buildings that are so iconic and you know immediately who designed them just by looking at their style.
The Japanese architect, Ando is famous for his use of concrete. His buildings always give particular impressions that are so "Ando." It's stoic, and it gives the notion of serenity. It's usually integrated into the nature, environment. His work is always different, but his design core is always consistent.
It's so important as an artist and that is something I look up to.
Not only architecture field, but also the Japanese design big names like Muji, Uniqlo, or even restaurants like Ippudo changed the game.
They keep providing higher quality design and food, it really helped building the new standard for New Yorkers.
As a Japanese, I think it is something I should be proud of.
It used to feel funny to me to say that.
The Japanese people are normally very neutral about their nationality, myself included.
It does not mean that we are not proud of it, but we don't necessarily say it out loud or show that we are. In America, I see a lot of houses hang the flag. I see American flags, Italian flags, Polish flags, and some other flags in my neighborhood.
They are obviously very proud of where they are from and their country.
In Japan, if someone had a national flag hanging their house, that means something little different, at least to the other people.
It normally is seen as right-winged nationalist.
It's mostly seen when the emperor or his family comes to public but that's pretty much the only time I see the flag in Japan.
That's an interesting culture difference, I guess.
But, living in NYC for the last nine years, I started to think I should be and am little more proud of where I came from.
Doesn't mean I need to hang the Japanese flag to show off, but I think it helped me to find my identity here.
Pigeon Dynamite is not something I find it very "Japanese" per se, but it is made by me and maybe there is something that has the Japanese element in the design...I don't know. 

But I definitely add my personal touch to it. Adding my own personal taste makes my jewelry unique and different. Whether it's customer service or making jewelry, I try to be more personal and caring more than conventional.
I love accessorizing my bags and clothes with pins, brooches, scarves to make little more personalized.
My jewelry is something you can mix up and enjoy creating your own style.  

I make what I like, with element of Pigeon Dynamite.
And now you can find my work on the 1st page on Etsy search!
www.PigeonDynamite.etsy.com

www.PigeonDynamite.etsy.com
 Thanks for reading,

ずいぶんご無沙汰していました。
しばらくの間、製作に追われていて、今日もまだ製作の真っ只中なのですが
少しだけ時間が空いたのと書きたいと思うネタがふと思い浮かんだのでこういうのは書ける時に書いておかないと、と思い立って書いています。w
実はこのブログはいつも英語でバーッと書いてから訳すというのが基本なのですが(なんで日本語で少し分かり辛い表現があったりして変な文章が多かったりすると思いますが)
今回は実は初めてなんじゃないかと言う感じで日本語から書いてます。
もう人生の大半をアメリカで過ごしてきているので普段結構英語と日本語どっちも同じか英語がむしろ多い位に最初に頭に浮かぶ言語になってます。

さてさて今回はアメリカにおける日本のデザインとその位置について書きたいと思います。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、私はもともとインテリアデザインと建築の方からジュエリーに転身したのですが、建築でもなんでも若い時は
これは好きこれは嫌い、これは退屈、これは斬新、となんでもかんでも白黒はっきりして物事を見ていました。私の性格というのもありますが、好き嫌いがはっきりしている、というタイプなんです。
でも最近昔は苦手だったクラシカルな建築を見て、少しづつ興味が湧いてきました。(アンティーク調のゴシック家具は未だに拒絶反応ですが。。)
そこから色々と学ぶ事も多いと気付いたのです。
更にそのデザインから反映された新しいデザインというのも全て繋がっていたりして
やっぱり建築は奥深いなぁと思っていました。
今この世界で完全にオリジナル、というのはとても難しいです。
ゼロから全くのオリジナルを作り上げる、というのはほぼ不可能じゃないかなと思います。
どんなアーティストにしろどこかでインスピレーションを受けていたり
意識的であれ無意識的であれ誰かのデザインやものを見て創造しているところが必ずあります。
そういった中で、「このデザインは日本らしい」とか「このデザインはとても北欧的だ」とかがあります。
やっぱり国柄というか、そういうのがあるんですね。(全てがという意味ではないですが。)
そこは多分日本人同士だと共感しやすい部分があったりして、知らず知らず日本人”寄り”なデザインになっているからなのかな?と思ったりします。
ニューヨークでは特に日本のデザインというのはアートシーンにおいても高い評価を受けています。それは世界中のものが集まる街の中でも日本のお茶屋さんだったり、レストランだったり、ギャラリーだったり、ユニクロだったり無印だったり、日本のもの、というだけでプラスの印象を与える程の地位を築いています。
それはやっぱりアメリカにおいても「やっぱり日本のものは質が良い。」という基準を超えるものを提供し続けているからこそだと思うんです。
日本人としても誇らしいですよね。
建築でも安藤忠雄さんの建物がニューヨークでも建設中です。
他と全く違う、という建物ではなくても、美しく、一目見て、あ、これは彼の作品だ、と分かるようなものを作れるのは、製作者としてとても重要な事です。
 完全なオリジナルでなくても、そこにパーソナリティーがプラスされる、それがデザインに昇華されて個性を発揮する。
私もジュエリーを作る上で、やっぱり自分のデザインを作りたい、一目でこれはPigeon dynamiteの作品と分かるようなブランドになりたいと思っています。
自分の好きなもののデザインしか基本しないので、多分デザインに傾向性はあると思いますが。
例えば私は普段使っているバッグにちょっと飽きたなと思ったらスカーフを持ち手に巻いてアクセントにしたり、ピンを付けたりして自分なりのスタイリングをします。
そうする事で自分だけのバッグ に仕上がって、また1日新鮮な気持ちになります。
私のジュエリーも普段手持ちのクラシックなジュエリーと組み合わせたりして楽しんだり。
日本人て、こういうちょっとした工夫が得意な気がするんです。
少しのディテールに気づくから、日本人のおもてなし精神や、ホスピタリティーが賞賛されるんだと思います。
ただ、私たちはそれを誇りに思っていても日本人ということをあまり意識しません。
ニューヨークでは国旗を掲げている家をたくさん見ます。
アメリカでは国旗を掲げる家はたくさんあるのです。イタリアやプエルトリコやスペインなんかもよく見かけます。
日本だと国旗を掲げてたら全然違う目で見られますよね。そう言った文化の違いも面白いなと思います。特にニューヨークに住む日本人の方はみんな日本人であることを誇りに思っているはず。でもそれを普段口にする事はほぼありません。
それでいて新しいもの好きで西洋のものにめっぽう弱い。
日本人ほどニュートラルな人も結構珍しいと思います。
そういうところ、オリジナルなのかもしれません。
私は今日もオリジナルジュエリー作りに奔走しています。
エッツィーで私のジュエリーが検索ページ1ページで探せるようになってます!

そしてそして今回、英語でのみ現在は表示されているFQA(よくある質問)を簡単にご説明させて頂いて終わりです。
https://www.etsy.com/listing/469673355/raw-aquamarine-size-6-ready-to-ship-twig?ref=shop_home_feat_3
 こちらには、カスタムオーダーの手順やサイズのリクエスト、卸売について説明させて頂いています。
それぞれの商品の詳細ページに表示されますが、現在のところは日本語は表記されないので、こちらに手短に書かせていただきますね。
「カスタムオーダーは結婚指輪、婚約指輪、アニーバーサリーリングなど、特別なオーダー等随時承っています。
その際のカウンセリングは無料となりますが、デザインが決まりましたら、製作期間、料金など合意の上で50%のデポジットを先にお支払いいただきます。 お支払後に製作開始となります。それ以降のデザイン変更やキャンセルは受け付けませんのでご注意ください。完成後に残りの50%と送料をお支払いただき、発送となります。」
「ほぼすべてのリングがサイズのリクエストを承れます。デザイン上不可能な作品もございますが、その際はご了承ください。まずはお気軽にお問い合わせください。」
「卸売も承っております。詳細は問い合わせにて。」

読んでくれた人、ありがとう。

******
こちら から簡単に話題のETSYのサイトへの登録、購入方法を説明させて頂いています。是非この機会にチェックしてみてください。 Creema Shop では日本限定商品も出品しております!
~***Social Mediaも展開しています***~

Facebook** はこちら から。 Twitter** はこちら から。 Pinterest**こちら から。 Instagram**はこちら から。 Tumblr**はこちら から。 Blogger**はこちら から。 




日本へはメインサイト と、クリーマ 両方から発売させて頂いてます。

Friday, August 19, 2016

Pigeon Dynamite featured photos by Tiffanny Chen for #Urbanwatch Web Magazine

 Hi all, I know it's been a while. To keep it short, Pigeon Dynamite is more energized and got more powerful in concept in design. I took a much needed break and came back with some exciting news!
New York-London based web magazine that is coming this year featured Pigeon Dynamite's jewelry pieces!!
A talented New York based photographer, Tiffany Chen captured my pieces amazingly in such a rad style.
I'll say no more, please enjoy some of the gorgeous images and check out their Instagram and make sure to follow!








Featured Jewelry; Rose Quartz Ring
&
All by Pigeon Dynamite
Tiffany Chen - Photographer
www.tiffanychen.design
Instagram: @photosbytifff

The Urban Watch - Launching Oct 2016
www.theurbanwatch.com
@theurbanwatch
Model: Beatriz Ramirez @beatriztran
Stylist: Ashley Tanay @ksbagolyszme
Dress: Cotton Candy LA
Location: Washington Mews
*****
皆さんおひさしぶりです!ご無沙汰しておりました。
バケーションを取らせて頂いていましたが、今回はエキサイティングなニュースとともに、
記念すべき80回目のブログポストに強行的にお届けします! 

なんと!この秋にローンチされる、ロンドン、ニューヨークベースのウェブマガジンの
アーバンウォッチにジュエリーがフューチャーされました!

何よりもまず撮りたてホヤホヤの写真を今回はお届けします!クレジットは写真後の⬆︎にありますので、是非インスタグラムでもチェックしてみてくださいね!
******
こちら から簡単に話題のETSYのサイトへの登録、購入方法を説明させて頂いています。是非この機会にチェックしてみてください。 Creema Shop では日本限定商品も出品しております!
~***Social Mediaも展開しています***~

Facebook** はこちら から。 Twitter** はこちら から。 Pinterest**こちら から。 Instagram**はこちら から。 Tumblr**はこちら から。 Blogger**はこちら から。 




日本へはメインサイト と、クリーマ 両方から発売させて頂いてます。

Friday, May 27, 2016

Brooklyn Special Report***** f. a. d. weekend!!******

It's a special report from Brooklyn!

Flea markets are no stranger to New Yorkers. We LOVE flea markets.
Every season, there is the new pop-up, hip event happening any neighborhood of Brooklyn. New Yorkers are naturally spoiled for cool eventsWe always die to look for the hottest flea market event in the city.
And this season, it is f. a. d. weekend!

There have been already many press talked about this event, such as downtown brooklyn, and
(my lazy exterior shot)
It's in the downtown Brooklyn, the area where you can find everything from Shake Shack (my fave!), Macy's, Sephora, Starbucks to local cool super highly curated boutiques, organic small coffee shops, trendy vintage furniture stores and etc.
It's the neighborhood where not just tight panted fancy hipsters can enjoy; super family friendly, baby strollers are welcomed
 
And I needed to go check out myself to see this cool event too, since I will be participating next month!



The building is spacious and friggin' gorgeous. It almost made me think we should all come in in a vintage flapper costumes.

There are many artists selling their handmade products, including post cards, kids clothes, glassware, candles, plants, jewelry, paintings, etc. etc...

It's great to see wallet-friendly priced handcrafted cute items in this area where everything can cost as high as the ceiling.
And what's cool about this event is they change the popup shops every week! So you want to check them out every weekend to find what's new!
Because once you miss...well, then you miss!
You can check their facebook page, blog, and website as they updates every week.

Mark your calendar, Pigeon Dynamite is coming to this awesome flea market on 
June 19th

thanks for reading,

ニューヨークにいる皆さんにスペシャルなイベントのお知らせ!
先月から始まったフリーマーケットイベント、
 f. a. d. weekend
のスペシャルリポートです!

ブルックリンではフリーマーケットといえばシーズンごとにある程たくさんのポップアップイベントがあります。
ニューヨーカーがどれ程マーケット好きなのかが分かりますね!
   そんな中、今季もアツくてクールなイベントがたくさん目白押しですが、
すでにプレスでもたくさん取り上げられている話題のイベントのリポートをちょっとだけですがお届けします! 
(こちらからイベントのリポートをご覧いただけます。英語です。downtown brooklyn, and
brownstoner.)

 外観。私のかなり適当なショットですが。。かっちょいー建物の一階です。
ダウンタウンブルックリンは皆大好きシェイクシャックから、メイシーズ、セフォラ、スターバックスに、もっとローカルなお洒落なブティックに、オーガニックコーヒーショップや、ヴィンテージの家具屋なんかもたくさんあって、観光にも持ってこいのエリアにあります。
 


手作りのポストカードや、キャンドル、ジュエリー、アクセサリーや小物なんかがこの日はたくさん売られてました。
 








とても雰囲気のある建物だと思いません?
素敵な空間でお買い物を楽しめるイベントは毎週日曜11時から6時までやってます!

そして!もち!!私も参加させて頂きます!!
(そうじゃなくてもリポートする位良いコンセプトのイベントですが!!)
カレンダーをマークですよ!!良いですか???

Pigeon Dynamite 6月19日 日曜日に参加させて頂きます!!
皆是非来てくださいね!

Wednesday, April 20, 2016

Special Report*Interview with Paul and Kevin *Custom Wedding Bands

This blog post is very, very special to me because...


It's Pigeon Dynamite's FIRST custom wedding bands and the couple kindly allowed me to interview and share their experience.


The rings are both 14k gold but they wanted in different gold; Kevin wanted his to be yellow gold and Paul was white gold.

At the first initial meeting, they briefly told me what they like, and what they don't like.
Since I knew Paul from the design school years, I understood his design preference and what his style was right away; he wanted something has little more unique twist with heavier texture. On the other hand, Kevin prefers something simpler but same tone of organic style. 
They brought the basic requests like Kevin wanted something thinner with yellow gold and Paul wanted bit of uniqueness in design in white gold.
Then that was pretty much all they requested, and the rest was left in my hands.

There are couple of things I must say why I loved working with these gentlemen.
One is because they are so easy-going, laid back and open to ideas.
I sent them couple of idea sketches initially and they picked what they liked.
Knowing what you like is so important when it is something like a custom ring.
Oh, yes! And these back and fourth communication was done mostly via emails and they were fantastic communicators.
So I must say they made it so easy for me to work on their custom wedding bands.

Besides these design elements key words they gave me, I made sure those bands are comfortable.
All my handcrafted rings are finished by me, and the final check is always the comfort.
Something like wedding bands have to be comfortable to wear everyday.

And I am so honored to have worked on such special meaningful pieces.
It's truly one of a kind pieces and the pieces you can see and feel the craftsmanship.
The piece that you can obviously see it's made by hand leaves such special impressions.
And this interview is from the time when they received their custom wedding bands in the beautiful afternoon of sunny Brooklyn. Enjoy!

Rie=R) Paul=P) Kevin=K)


R) Did you enjoy the process? How was your experience overall?

K&P) Yes! It was super smooth and easy. You made it effortless for us. The design and everything.

R) How happy with the rings now that you finally got to wear?

K) So happy! 
P) Over the moon!


R) Why did you choose handmade over conventional rings which you two bought initially and ended up not liking them?

K) It's symbolic. It's just for us. One of a kind.
P) It's more personal and more special.

R) What part you love about your ring?

K) It's so comfortable. I forget that I am wearing a ring!
P) It's so comfortable and it looks like it's got history already in the design.

R) Yes, it will get scratched but it will only add more character to the ring for its design. Well, since you both chose different rings whereas it's pretty common that couples wear matching wedding bands, I wanted to ask you why you chose different rings? And should it be matching at all?

P&K) No, don't think wedding bands need to be matching. It's more a symbol of who you are.
K) Even when you are married, you are still this individual.

R) I know that having you both picking different colored gold was so right. Depends on your skin tone, yellow gold looks better on some people and some people look better with rose gold or white gold or platinum.

P&K) We knew that from the beginning what gold we liked and looked better.

R) So, with your experience, is there any advice for the couples who are interested in custom wedding bands?

P&K) They should pick the metal, you know, material they like. Which gold, or color. Design.
Design is so important. Price, well, it's really secondary, even when you have some budget. You should think about those first.



今回のブログは個人的にとても特別なものになります。。何故なら。。

http://www.pigeondynamite.etsy.com/

Pigeon Dynamiteにとって初となるカスタムウェディングバンドのリポートだからです!
オーダーを頂いた時は本当に嬉しくて、でも凄いプレッシャーもあって、良いものを作るぞ!と頑張って頑張って、世界に一つだけのものを心を込めて、手作りさせて頂きました!
そして特別に、今回はカップル(ポールとケビン)のインタビューも許可を得てお届けします!

http://www.pigeondynamite.etsy.com/

先ずはリングたち。最初のミーティングでは、二人にそれぞれの好みのデザイン、特にどんなデザインが好き、とかゴールドの色の好みなどをざっくりと相談して後日スケッチをしたデザイン画をいくつかメールで送って色々とメールでのやり取りをしながらデザインを決定していきました。

このカップルとお仕事をさせて頂いて、本当に良かったなと思う点がいくつもありますが、デザインのアイデアに対してオープンであるという事がすごく作り手としても楽しんでデザインさせてもらえたところだと思います。
二人ともとってもオープンな性格で、本当に全てがスムーズに運びました。
メールでのやり取りでもしっかり自分の好みやアイデアを伝えてくれるところも凄く刺激になりました。
ケビンは仕事上でもスムーズでやや細身のものが良い、と最初に伝えられていて、一方でポールは、もっと大胆にテクスチャーが重めのものでホワイトゴールドが好きだという事だったので、
二人ともオーガニックなデザインは共通に、ケビンは上品なイエローゴールドを選んだ事もあって、ラスティックな木目デザイン、ポールは重みのある、オークのようなデザインに決まりました。
何よりも、結婚指輪だから絶対につけ心地が良くないといけません。
私の作る指輪は全て最終のチェックはつけ心地を確認してからになります。
仕上げも全て私が行うので、やっぱりデザインが素敵でも、肌に触れる部分が心地よくないリングは好きになれないので、絶対に確認を怠ることはできません。
ではでは、リングを始めて手にした二人のインタビューで今回はお別れです。
二人の着用後の感想は?!とある晴れた日のブルックリンでのインタビュー、お楽しみください。



私、以下R) デザインから全てカスタムでの製作過程でしたが、感想は?

ケビン、以下K)凄く簡単に思えたよ。
ポール、以下P)りえが全部やってくれたからね、凄くエフォートレスに行ったよ。

R)その過程を乗り越えて、ようやくリングとのご対面と成りましたね。どうですか?

K)とってもハッピーだよ。
P)超嬉しいね。



ハンドメイドを選ばれた理由はありますか?(実はカスタムリング購入の前に市販のリングを購入していた二人。あまり好きではなかったよう。)

K)だって象徴的なものにしたかったからね。自分達ためだけに作られたリングって。二つとないものだよ。
P)パーソナルだし、特別なものにしたかったからね。

R)リングのお気に入りの部分はありますか?

K)本当につけ心地が良い。指輪を着けてるの忘れるよ!
P)本当にそうだね。それにもう歴史が刻まれているようなデザインが好きだな。

R)そう、そのデザインはこれからスクラッチされていってもデザインの一部として吸収されるようなリングなんです。 二人とも、異なったリングにしましたが、マリッジバンドをお揃いにしなかった理由はありますか?そもそもお揃いにする必要性は感じましたか?

P&K)全然。お揃いにする必要なんてないよ。それは個人を象徴するものであるべきだよ。
K)結婚していても個人である事に変わりはないからね。

 R)二人とも異なるゴールドを選んだのはとても正解だったと今目の前にして本当に思います。肌のトーンでイエローゴールドが似合う人とそうじゃない人がいますし、ホワイトゴールドが似合えば、ローズゴールドがしっくりくる人もいますよね。

P&K)僕たちは最初からどのゴールドが自分達に似合うのか知ってたからね。

R)今回のカスタムリングの過程を通して、将来カスタムリングのオーダーを考えているカップルにアドバイスがあればお願いします。

P&K)自分の似合う素材を選ぶ事かな。どの色のゴールドとか。あとはデザイン。デザインはとても重要。値段もそうだけど、まぁ予算なんかは最初に考えるような事じゃないと思うね。デザインと自分の好みを考える事がよっぽど大事だよ。

Tuesday, April 19, 2016

Spread the Words

Firstly, my prayers are with those who lost their families and friends from the earthquakes in Japan and Ecuador.
It has been really difficult for me to check the news and see how many people have lost their homes. Even close friend of mine who lives in the area near Kumamoto told me her friend's family lost their home. It is unthinkable how much struggle these people are facing every day and I feel so small there is not much I can do but there are some ways to help them through the organizations:
These days, I really cannot see any reason why I should be complaining about anything.
Every night, I go to bed and say thank you in my head because I really am thankful for everything. I don't know particularly whom I am thanking to; I am not religious but I am blessed to be where I am, surrounded by the people in my life. It is so easy to get used to having everything you need, things and stuff. 
Events like these only remind me that there is really nothing and no reason to take anything for granted. Every day is a gift and I do what I can do today to fulfill my gratitude for my life.
So better have no regret tomorrow for not doing what you can do today.

Here's the exciting news that I am happy to share!
Pigeon Dynamite is coming back to Brooklyn this summer!
http://fadweekend.com/

I am joining this new flea artists event called f.a.d.!
They are the newest fashin/art/design flea market that is going to debut on May 1st and will be open every Sundays until June 26th.


There will be tons of cool artists works and popups. Pigeon Dynamite's participating date will be announced when it gets closer so stay tuned!
In a meanwhile, I will also report the market details on the blog to keep you posted!

Thanks for reading,

先ず始めに、日本の熊本の皆さん、また家族や同僚や友達を亡くされたり、
家を失われた方々、未だに余震で不安で眠れない日々が続く避難所での生活を余儀なくされた方々に、1日でも早く支援と、また日常に戻れる日が1日も早く訪れることを心から祈っています。
エクアドルでの地震、日本程発展している国ではない上での災害は被害も大きく、
毎日ニュースで更新を見ては心を痛めています。
出来ることといえば義援金でのサポート位ですが、私からもリンクを集めてみましたので、こちらから募金などができるので参照にしてください。
日本、熊本への支援。(熊本市のリンク)

こういった災害等をニュースで確認できる立場にいる私は自分がどれ程恵まれた環境にいて、どれ程無力であるかを毎回思い知らされます。
毎日の中で必要なものも全て持っていて、愚痴をこぼすべき事なんて本当は一つもないのに、小さな事で不満を言ってしまったりする自分が本当に恥ずかしくなります。
ここ最近はずっと夜眠りにつくとき、頭の中で誰にともなく「ありがとう」と呟いてから眠っています。
今日いちにち無事に生きて、住む家があって、眠るところがあって、ありがとう。
そう思っていろんなものや事や人に感謝して眠りについています。
感謝するべき事ばかりなのに、簡単に忘れてしまう。
毎日をしっかり地に足をつけて生きていきたい、より強くここ最近は思う機会が増えました。だから今日出来ることは明日しない。
与えられた日々を当たり前と思って生きないようにして、毎日大事に生きていきたいと思っています。

そして!今日はお知らせがあります!
5月1日から新しく始まるブルックリンのフリーマーケット、f.a.d.に参加します!
 http://fadweekend.com/

 たくさんのアーティストが集まる新しいフリーマーケットは5月1日から毎週日曜、6月26日まで開催されます!
Pigeon Dynamiteの参加日はまた後日近くなってから再度ブログにてお知らせします!
乞うご期待です!

その間にもこちらの新しいフリーマーケットの偵察レポートなどもお届けする予定ですのでお楽しみに!



読んでくれた人、ありがとう。
こちら から簡単に話題のETSYのサイトへの登録、購入方法を説明させて頂いています。是非この機会にチェックしてみてください。 Creema Shop では日本限定商品も出品しております!
~***Social Mediaも展開しています***~

Facebook** はこちら から。 Twitter** はこちら から。 Pinterest**こちら から。 Instagram**はこちら から。 Tumblr**はこちら から。 Blogger**はこちら から。 



日本へはメインサイト と、クリーマ 両方から発売させて頂いてます。