My Etsy Shop

Thursday, August 20, 2015

Wedding Fever

Summer is one of the busiest seasons for weddings.
So why don't I write about weddings and hopefully could give some inspirations to those future brides out there?

There are many, many different types of weddings I've attended to;
The Indian wedding, Jewish wedding, Japanese weddings, and American weddings which includes more traditional ceremonial weddings and a court wedding.


 photo: One of my closest friends wedding at the NY city hall.

The Indian wedding was probably the most colorful and the craziest of all the weddings I've been to.
That just kept going days and days with full of people that were supposedly all family members.
 




I loved how colorful and full of rituals that I had no idea what was going on all the time.

Unlike any other weddings, Indian weddings seem to be less ceremonial decoration things going on such as flowers or centerpiece on tables but it's integrated to rituals or traditional reasons.




Many of the traditional ceremonial weddings I've been to were mostly outdoor ceremony then indoor reception styles.



This was one of these types of weddings in California, at the hotel balcony where the ceremony took place facing ocean. The ocean view/beach weddings are something hard to beat just for the location advantage.


 Detail shot: The rose petals details
The venue is really important but what it counts the most is these details.



There are many themes for those outdoor weddings. It depends on the theme but it probably is natural to take advantage of something integrates the environment.  Outdoor wedding is also the best place to go with crafty theme too. 

 I loved this particular wedding that was all decorated by the bride and her friends.

I love many of these handcrafted themed weddings that you could tell that they put the extra hearts in.

Like I said, the venue is important part too.

Places like this one, for example, changes the character from the daytime to the nighttime.
So the lighting becomes the main decoration for the outdoor weddings.

 But don't get me wrong-the lighting for indoor wedding is just as important as it is for outdoor weddings.
Whether the venue can get the natural light inside, or depends on what time the reception happens could change type of the lighting to go with the theme.
This beautiful indoor reception was night themed so the lighting was controlled and the candles were huge part of ambient light.

The other important part of wedding decoration is the flowers.
Nowadays there are so many choices out there and it is not always necessarily flowers for centerpieces;
it could be air plants or dried fruits or sculptures made of branches or anything really.
But still the flowers seem to be more common for most of the weddings I've been to.
It is also my favorite part of wedding for many reasons-mainly because I love flowers, and it could represent the theme or even shows the couples personalities I think.
 Many elements of weddings are part of the couples characters.
I am not saying it shows who they are but rather represents what they like.
It's not how much money they spend, but tasteful choice could show little bit of what they are like.

Speaking of taste, and I know this sounds and shows how much I love to eat, I always get excited for the food at the wedding as a guest.

In Japan, it is more common that the wedding meal comes in full course-and I mean, FULL course. Not the starter-main-desert, but repeat this twice or three times.
The Japanese culture, wedding traditionally happens more for the guests than the bride and the groom. They normally know if they don't serve enough tasty food, the wedding becomes big disappointment for the guests. It is always interesting to see the couples gathered in the venue or hotel, carefully and seriously trying out for wedding meal tasting event. 
I think the focus on the wedding meal is similar in America too since the cater competition is pretty high here. 
The more memorable ones to me are the buffet style, particularly vegetarian style one because it was such a creative, surprisingly amazing meal. The buffet is rather casual but also it was more suitable for the theme of the wedding, which was essentially perfect and suitable for the style of the couple so it really was more relaxed and fun.   

The best idea of all the wedding desert!

And for the desert, the wedding cakes come in the main focus-for both to see and to eat.
https://www.facebook.com/caitlins.creations?hc_location=ufi
  photo credit: Caitlin Hudnall

Each weddings has a different theme so the wedding cakes naturally become different too-
 All the details of the cake go with each wedding theme. 
The color of the first cake goes with the vintage traveling theme and the trunk it sits on.
The chic night wedding theme added the matching purple flower decoration to the cake.
The last cake is all white color with pearls looks very sophisticated and go with the classic elegant wedding theme.
It maybe is important to follow the trends or popularity of the wedding style for some brides, but rather adding bunch of different styles into one, keeping what you really like or having one solid theme/philosophy in the design and stick with it will make the planning go much more smoothly and the end result will be much more sophisticated and timeless.
Of course you can add little bit of your personality or fun in it.
Little details like these are always so lovely and great inspirations for the future brides.
Don't be afraid to show little sense of humor as well.

My wedding was in Japan, and I really, really had to do it in the spring for a few reasons-one is my visa reason, which was unavoidable and secondly and more importantly I really wanted to see and show the family the Japanese cherry blossoms which I had not seen over ten years in Japan.


Just as important as picking the venue, picking the season was so important in my case.
Luckily we caught the end of cherry blossom season there. 
Even though it is more popular in Japan to do the western style wedding ceremony, we did the traditional Japanese wedding. 

photo: my friends wedding in Japan in western style ceremony.


Lastly, for being a guest of the wedding, I always write a card for bride and groom.
For some people, writing cards means not as important as giving a wedding gift or may seem not fancy enough but to me is more important than anything because I know how special it makes me feel to receive one.
Putting the time and the effort, even little bit of it, makes everything whole lot more special.
Here is the good example. After my own wedding, friends of mine made us a handmade wedding album and a DVD.
These unexpected handmade gifts became the best wedding gifts ever. I could not believe how happy these gifts made us feel.
So, the last time when I was named for my close friends witness at the city hall wedding, I took bunch of photos and made a surprise wedding album for them.
It was a small album, but when I saw her face brighten as soon as she opened the album, I knew I made something special for her and that's what made every minute of work worth it. She said that she had never imagined how happy such a little thing as the album could make her feel and wished she had made me one so asked me to do the wedding here in NYC again..I said no thank you.
(Then she suggested me to become a wedding photographer too-well, that's very a sweet compliment but I am far unskilled and too inpatient to be professional.)

When you are involved in your own wedding, it seems all the emotions in life happen during the whole process. Luckily it ends on your wedding day hopefully.
You may miss it, you may not. I absolutely don't miss it. I am deadly happy that it is over.
But the memories it leaves, you will think it was the special day no matter what. It is never a matter of how much money you spend. It will be the special day that is unlike any other day. That is the truth.
So good luck, and if you were a guest, enjoy but don't drink and drive!

Oh, and don't forget! Pigeon Dynamite carries perfect pieces for weddings such as rings for the bridesmaids, and upcycled vintage pearl jewelry pieces! 

www.PigeonDynamite.etsy.com


Thanks for reading,


夏といえば、アメリカでもウェディングシーズンです。
そんな訳で今回はウェディングについて書こうと思います。 
これから結婚式の予定がある方には、何かインスピレーションになればと思います。

 写真はNYの市役所にて。

自分も歳のおかげもあって、今まで結構な数のウェディングに招待して頂いたんですが、その数にも劣らずバラエティに富んだ様々な式を見てきました。
インド式(というかインドでだったので、本物)ユダヤ教式、日本での結婚式、アメリカ式、それにも色々なスタイルがありますよね。

とりわけ印象が強烈だったのはやっぱりインドでの結婚式。
何よりもカラフルさが群を抜いています。
数日どころか一週間続くのもザラのインドの結婚式は、あらゆる儀式が行われるので、外人の私には何が起きているのか終始チンプンカンプンでしたが、それはそれで素晴らしい経験になりました。

 
また、インドでの花などのデコレーションは、
 デコレーション目的というより、伝統や儀式にそっての理由が多い気がしました。飾りつけにしろ、花の種類にもその国のスタイルが現れますよね。

打って変わってこちらはアメリカでのウェディング。
ビーチを目の前にアウトドアでの挙式です。
ビーチを臨んでの式なんて、ロケーションで一人勝ちなところですね。
ヴァージンロードはバラの花びらで埋め尽くされています。
ちょっとしたこだわりがウェディングをもっとスペシャルに演出してくれます。

私が見てきた多くのアメリカでの結婚式は、外で挙式、屋内でレセプションが大半です。
 ベニュー選びも大切ですが、ちょっとした細かな工夫が結婚式では本当に大きな違いを生みます。
たくさん見てきたアウトドアのウェディングでは、こういったクラフト感あふれるデコレーションを多く見てきました。
自然と相性の良いクラフト系のデコレーションは自分でも作ったり出来るし、何より心がこもっているのが伝わってくるし、見た目もとっても素敵です。


私の友人は、自分の結婚式のデコレーションを全て自分と友達とで作り上げました。
センスの良い彼女らしく、明るい色味のお花の組み合わせが本当に彼女らしくて素敵でした。
手作り感がどこかに残されたウェディングは、それだけで心がこもっているのが伝わってくるので、ゲストには大変喜ばれると思います。

そして、先ほども言いましたが、ベニュー選びも大事。
このベニューのように、ガーデンウェディングの場合は、昼と夜とで全く違う印象になります。よりドラマチックな演出を助けてくれるライティングがとても重要になってきます。ランターン等の使用はベニューによって様々ですが、違う時間帯での偵察も大切。

インドアでのライティングも同じくらい重要です。
時間帯にもよりますが、自然光が取り入れられるか等は演出に大きな違いを生みます。
またそれによってはライティングの種類や、テーマも変わる事も。

 こちらのウェディングでは夜がテーマ。全てダークトーンのパープルでまとめられていてとてもシックな大人な雰囲気のパーティーでした。
キャンドルライトのようなライティングが見事にアンビエントライトに早変わり。
キャンドルホルダーも華やかでぴったりです。
華やかさを演出する上で欠かせないのが、センターピースになるデコレーション。
花を使うのがまだまだ主流ですが、中にはエアープラントや、ドライフルーツで作られたもの、枝で作られたオーナメント等も人気になっています。


 主流の花でも色々な種類や組み合わせがあるので、テーマによってもそれぞれのカップルらしさが表現されるところでもあるように思います。
結婚式での様々なエレメントには、そのカップルの色というか、やはり性格のようなものが垣間見えますよね。
お花やアクセントになる小物の趣味の良さ、テイストの良い組み合わせはセンスの見せ所にもなります。

テイストといえば、結婚式は食べるところ!
私は恥ずかしながらにも自他共に認める食いしん坊なので、ゲストとしても結婚式の食事は正直とても楽しみだったりします。


 アメリカでも食事は様々。8つのコース料理の結婚式から、前菜、メイン、デザートのシンプルなもの、ブッフェスタイルのスタイルのものまで様々。
日本では大抵ホテルやレストランウェディングはコースが多いですよね。
ゲストにむしろ失礼とならないように食べ物には心底こだわるのは日本がダントツな気がします。
しかしながらアメリカでのこのデザートのスモアーズのアイデアは一番でした。
専用のキャンドルでマシュマロを焼いて、チョコレートとグラハムクラッカーで食べるんですが、カジュアルでいながら自分で作る楽しみもあって、ゲストにも大受けでした。

デザートという事で、やっぱり注目の的になるのはウェディングケーキ。


それぞれのテーマに沿ったケーキ。
一番目はヴィンテージとトラベルがテーマ。ヴィンテージの旅行トランクが雰囲気を演出しています。
に番目はクラシックでエレガントな結婚式のテーマに合わせてワントーン。パールがちりばめられていてシックで豪華。
最後は夜のテーマに合わせたパープルの花が添えられていて夜会の雰囲気とバッチリです。
 個人的にはケーキは食べないのですが、見るのはいつもワクワクします。
トレンドばかりを気にしてスタイルの違ったものでも全て取り込んで、ごちゃ混ぜにしてしまうよりも、
自分のテーマ、好きなものを一つに絞り込んで作り上げていくウェディングの方が、
計画準備でもスムーズにいきますし、仕上がりもエレガントでタイムレスな筈です。
 勿論、アクセントとして自分や、花婿のスタイルを加えてみたりするのはとても素敵。
 狩り好きの婿に対して。「狩りはダメ」というトッパーがユーモラスなケーキ。
ちょっとした遊び心も大切です。

私自身の結婚式は日本で春に行いました。
それにはいくつか理由があって、ビザの関係もあったんですが、何よりも10年程日本の桜を見てなかった私がどーしても、どーーーーしても春に桜の時期に日本で伝統式の結婚式をしたかったのです。アメリカ人の家族にも日本の桜を見てもらいたいという気持ちも大きく、私の父に大反対されつつ、確か仏滅だったか、いわゆる日本の「結婚式に向いてない」日に無事挙式(笑)

そして運良く桜のまだ咲いている間に結婚式を行う事が出来ました。



日本ではキリスト教式が主流ですが、何より国際結婚だったので、日本式の方がかえって珍しいし面白いだろうと思って決めたんですが、日本人の私にも意味不明な儀式が多くて何も説明出来ず。。。アメリカの家族にはWikipediaのリンクをメールで送りつける羽目に。。

こういう結婚式にしてたらもっと楽だったかもー!!と思ったが時すでに遅く。。
因みに日本の友人の結婚式です。これも素敵だったなぁー。
そして最後に、私はウェディングに招かれたら、必ずカードを書くようにしています。
どんなに時代がデジタル化されようが、手書きに勝る言葉はやっぱりないと思います。
たとえそれが高くないカードでも、豪華なカードでなくても、伝えたい気持ちを手書きにする行為がとても特別なのを私は何度も経験してきました。それはやっぱり受け取らないと分からない喜びだと思います。
良い例に、私が日本で結婚式をした後、友人たちが手作りのアルバムやDVDを作ってくれました。そのサプライズの贈り物に本当に感動した私とパートナーは、それ以上のウェディングギフトは今までもらった事がありません。
やっぱり手作りというものは凄く特別。
わざわざ時間を割いて、自分達のために作ってくれた。
それを受け取った時の喜びといったら言葉になりませんでした。
だから私の友達の結婚式にも、あぁ自分もなんでアルバムを作ってあげなかったんだろうと悔やんでしまいました。
そこに、最近NYの市役所で結婚した友人に、当日証人になってと頼まれたので、
これは!!とカメラを首からぶらさげ(証人なのにw)写真を撮りまくってアルバムを作って後日手渡ししました。
その時の彼女の反応がもうプライスレス!
本当に喜んでくれて、挙句自分もアルバム作るからもっかいアメリカで結婚式してとまで言ってくれて(因みに返事はノー)作った甲斐が本当にありました。
(そして挙句ウェディングフォトグラファーになったら、と迄言ってくれたんですが。まさかそんなスキルも機材も無ければ忍耐も持ち合わせていないので、これもノー。。)
結婚式には、人生で起こる感情の渦が一気に巻き起こる様に波乱に満ちた準備期間が背後にはあります。
ストレスも、全部当日には終わってくれます。(殆どの場合。)
そして皆がおめでとうと祝福してくれて、後に良い日だったと思い出として価値のある日になります。これは何があっても間違い無く皆言います。
私も良い日だったと思いますが、終わってくれて本当に良かったとも思います。
これからプランを立てていく花嫁の皆さん、頑張って!
そしてゲストの皆さんは、楽しんで!でも飲酒運転はくれぐれもせぬように。。
結婚式にぴったりなパールのジュエリー等が多く揃えてあります。
宣伝宣伝。。
www.etsy.com/shop/PigeonDynamite

ETSY日本語でも対応しています。メインサイトはこちら
ブログから購入の仕方の説明をさせて頂いています。購入法はこちらから
日本限定サイト、クリーマも展開しています。
読んでくれたひと、ありがとう。

No comments:

Post a Comment